「職場の問題かるた」でゲーム感覚の働き方改革

お勧めの本(カード)です。

みんなが思っている、けれどなかなか口に出せない職場の問題を「あ」から「ん」までのかるたに整理されているカードと解説本のセットです。

多くの業務改善に関する本を書いている沢渡あまね著。

「本音を言いづらい……」という空気も、ゲーム感覚で“言える化”すれば、解決策がどんどん導き出せるようになる、・・・と紹介されて購入しました。

本当に面白いです。

毎日だれかに紹介しています。

いまや、企業の社会的責任とも言える「働き方改革」
その働き方改革で目標にすべきは、社員一人一人が主体的に働ける職場です。

しかし、

現実は、このかるたのような「ある、ある」とうなづける現象ばかり・・

ネガティブな仕事を減らし、何となく慣習になっている不要な仕事はやめる、

職場のコミュニケーションを増やすなど…

かるたをヒントに、話し合いを始められそうです。

 

グループで一緒に読んでみましょう。チームの生産性が劇的に改善しそうです。